3分でわかる。自動車保険の節約Hack!【ダイレクト・車両保険のひみつetc】

車は購入資金よりも、維持費のほうが大変!ってよく言います。車検、車庫、税金、ガソリン代、保険料・・・。それでも保険料だけなら・・・きっとなんとかできるはず!ということでまとめました。消費税増税の今だからこそ、基本を見直して、賢く安く適切な家計管理をしていきましょう。


節約ポイント1:大手よりダイレクト(通販)
人によっては1番大きなポイントかも。大手よりもダイレクト系損保のほうが安いです。
当方30代デミオ乗り9等級ですが、大手とダイレクトで4万近く金額に差がありました。
どのくらい、保険料が安くなるのか調べてみよう。
車種などの情報と年齢を入力すると、各社の自動車保険料がチェックできますよ!!




(そもそもダイレクトって何よ?)
大手、というか旧来の保険会社は、ディーラーを初めとした保険代理店を経由して、保険の加入や各種相談、支払い、請求等を行います。
これに対してダイレクトは保険代理店を経由せずに、全ての手続をインターネット、もしくは電話で行います。

要するに問屋がいないので、その分コストダウンできるというのが仕組みです。
代理店型と、ダイレクト型と、自動車保険を徹底比較してみよう!



(主なダイレクト損保ってどこ?)
この辺です。
・ソニー損保
・三井ダイレクト
・アクサダイレクト損保
・イーデザイン損保
・アメリカンホーム保険




(代理店がいなくても大丈夫なのかよ?)
大きく分けると代理店が必要なタイミングは3つです。
1.加入時
2.事故発生時
3.継続時




つまり、
・ある程度自分に必要な補償内容を考えながらセルフでプランを組むことができる。
・事故時やトラブル発生時に対面で対応してくれなくてもよい。

ということであれば、ダイレクトでも大丈夫かと思います。
対人・対物だけは無制限にしておきましょう。そこは重要ポイントです。






節約ポイント2:車両保険がいるのかどうか考える。
適当にいくつかの会社で見積もってみればわかるのですが、車両保険の有無によって、かなり保険料が違ってきます。
また、車両保険は主に2つのパターンがあり、相手のいる事故のみに適用されるものと、自損や相手が不明な事故(当て逃げ)も適用されるものがあり、これもまた大きく保険料が違います。
車両保険を入れると、保険料がいくらアップするのか調べてみよう。



じゃあ、どう選ぶのか?
という話になりますが、これはいくつかの要素があるかと思います。
自分の環境におけるリスクに目をむけてみましょう。

ひとつは、自分の運転技術とか運転頻度。
今まで長年クルマに乗っているが事故にあったことがないという人は、きっと車の運転が上手か、あんまり車にのらない人なんだと思います。
そういう人は今後も事故にあう確率低いんじゃないでしょうか。

他人の事故にまきこまれて車が壊れるということも懸念されますが、その場合は当然車をぶつけて来た人が保険を使うことになりますので、あなたに過失がない限り車両保険を使うことはないのです。
で、あれば車両保険は不要、もしくは、補償金額を抑えるという選択肢はアリだと思います。




ふたつめは、車庫が自前かそうでないかとか、車の日常的な位置。
これは車両保険の種類に関わってきます。当て逃げなどのリスクが高いかそうでないか?という点。
レンタルの月極駐車場の場合、多くの車が移動しますので、停車時の車の破損リスクは自宅車庫よりも高いと考えられます。


みっつめは今の車の時価。
これは、そもそも車両保険がいるかどうかという判断になります。
車両保険の保険金は、基本的に購入時金額ではなく、その車の時価になっています。
つまり、購入後何年もたって価値が低くなってしまっている車に車両保険をつけても、あまり保険金がおりないのです。それならば、いっそ車両保険自体を付帯するのをやめてしまうという判断もありです。
車両保険無しとアリで保険料を比較してみよう!!



最後に車の状態。
車両保険というのはその時の時価額しかでません。
よって、持っている車の時価が低い、もしくは低くなると思われる要素がある場合は、あんまり役に立たないと思われます。

車両保険がでたから、車の再取得にたるお金が入るかというとそうではないのです。
ですので「古い、安い、壊れやすい。」そういう時価の低そうな車に車両保険は不要かと思います。

例えば、時価額30万の車に年間保険料を3万でも4万でも上積みするのはちょっと馬鹿らしいなと思いませんか。




節約ポイント3:補償の対象を限定する。
基本ですが、補償の対象を限定しましょう。
奥さんがペーパードライバーでほぼ乗らないのであれば、配偶者は補償から外してもよいのではないですか?
それでも年に1ヶ月だけ奥さんが運転するとかであれば、短期間だけ補償の対象とすることなんてこともできますよ。
友達が運転するかも?その友達は他車運転補償みたいな特約をつけていませんか?
多くの自動車保険では勝手についてきますので、そこの補償を考慮する必要はあんまりないですよ。
まずは、色々比較してみよう!!



1day保険、ちょいのり保険なんてのもある。
1日だけ入れる保険なんてのもあります。
東京海上やDoCoMoがやってますよ。



ダイレクト系(通販型)自動車保険の一括見積もりサイト



価格.com自動車保険

自動車保険は比べてお得に!無料一括見積もり!

 _┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓_
 \┃  《無料》 価格.com 自動車保険一括見積もりサービス  ┃/
 /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
  ̄ ̄                              ̄ ̄
 ┏┓
 ┃┣━┓ 一番お得な保険会社を探すなら、見積もりを比べるのが一番!


 ┛┣━┃
  ┣━┃ 価格.comの自動車保険一括見積もりの無料サービスで 
 ┓┣━┃
 ┗┻━┛ 手軽に一括お見積もり!保険料を比較して、賢く節約!!
 ┏━┓                           
 ┃□┃一度の入力で複数の保険会社から見積もりを取り寄せる事が可能!
 ┗━╋…─────────────────────────────

 ┏━┓                           
 ┃□┃届いたお見積もり結果を比較・検討で【安心】と【節約】を両立!

 ┗━╋…─────────────────────────────

 ┏━┓                           
 ┃□┃価格.comが厳選紹介!保険会社が多すぎて迷う心配もありません!
 ┗━╋…─────────────────────────────


  ┃  ┃ <<<保険の見直し!今年はどこが一番お得?!>>>
 ┏┛  ┗┓
 ┃┃┃┃┣┃ 忙しいこの時期、手軽で簡単!ネットで見積もり依頼!

 ┗┻┻┫┣┛
    ┃┃  きっと満足できる、保険会社が見つかるはずです。
    ┗┛


▼事前に、保険証券または車検証をご用意いただくとスムーズです!▼ 




【価格.com】自動車保険を徹底比較!






≪インズウェブ≫自動車保険一括見積もり
┌┐
└■ 自動車保険は比較で安くなる!

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  自動車保険は保険会社によって保険料が異なります!

   保険料は、車や走行距離、事故暦や、等級、免許証の色、
   乗られる方の年齢等々によって計算されます!
           そのため・・・

   「常にこの保険会社が安い」という事はありません。
   みなさんの状況によって、一番安い保険会社は異なります!

           そこで
    複数の保険会社から見積もりを取れば、
   自分に合った一番安くてお得な保険会社がわかります!





      ★比較するなら一括見積もりが便利★

☆保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりなら☆
☆最短5分で最大20社に一括見積もりができる!☆






無料の自動車保険一括見積もりサービス






関連記事


●自動車保険を年間数万円安く! ダイレクト系自動車保険のすすめ

posted by hvowbn at 23:59 | Comment(0) | 自動車保険料を安くしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険を年間数万円安く! ダイレクト系自動車保険のすすめ

内容は同じでも従来の代理店型とダイレクト系では大きく異なるfukahoken.jpg

代理店型は手数料の分割高になる
手数料などのコストが増えれば、契約者が負担する必要が出てきます
どのくらい、保険料が安くなるのか調べてみよう。
車種などの情報と年齢を入力すると、各社の自動車保険料がチェックできますよ!!



■純保険料
事故が起こった際に保険金支払に充てる
■付加保険料
会社の運営費や人件費など営業コストに充てる
■代理店手数料
保険会社から代理店へ手数料として支払われる

ダイレクト系には『代理店手数料』がないため、保険料が安く収まる傾向にあります。
一度、一番安い自動車保険を調べてみよう!!



代理店型のメリットは対面でアドバイスを受けられること

代理店型自動車保険のメリットは何といっても、代理店担当者のアドバイスが受けられることです。
高齢者はインターネットに慣れていない人が多く、
いくら保険料が安いと言ってもインターネットを経由して契約するのは不安です。そういう人は、代理店担当者のアドバイスを受けながら対面して契約を結べた方がいいでしょう。

また、車の運転の経験が浅い人は、事故が発生すれば慌ててしまい正しい判断ができないかもしれません。そんなときでも、取り扱い代理店に連絡すれば経験豊富な担当者がアドバイスしてくれるでしょう。
代理店型と、ダイレクト型と、自動車保険を徹底比較してみよう!



ダイレクト系(通販型)の武器は保険料の安さ

保険料が比較的安い
インターネット経由で申し込むとインターネット割引が受けられる
ダイレクト系(通販型)の安さはこちらをチェック!!



保険料を安くするため、複数の会社で見積もりを

複数の会社に都度アクセスするのは面倒なので、まとめて見積もりができる一括見積などを活用しましょう。見積もりに必要なのは以下のアイテムです。
●保険証券
●車検証
●免許証
●更新の案内
●運転する家族の名前と生年月日
一括見積などを活用し、一番安い保険を見つけよう!




ダイレクト系(通販型)自動車保険の一括見積もりサイト



価格.com自動車保険

自動車保険は比べてお得に!無料一括見積もり!

 _┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓_
 \┃  《無料》 価格.com 自動車保険一括見積もりサービス  ┃/
 /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
  ̄ ̄                              ̄ ̄
 ┏┓
 ┃┣━┓ 一番お得な保険会社を探すなら、見積もりを比べるのが一番!


 ┛┣━┃
  ┣━┃ 価格.comの自動車保険一括見積もりの無料サービスで 
 ┓┣━┃
 ┗┻━┛ 手軽に一括お見積もり!保険料を比較して、賢く節約!!
 ┏━┓                           
 ┃□┃一度の入力で複数の保険会社から見積もりを取り寄せる事が可能!
 ┗━╋…─────────────────────────────

 ┏━┓                           
 ┃□┃届いたお見積もり結果を比較・検討で【安心】と【節約】を両立!

 ┗━╋…─────────────────────────────

 ┏━┓                           
 ┃□┃価格.comが厳選紹介!保険会社が多すぎて迷う心配もありません!
 ┗━╋…─────────────────────────────


  ┃  ┃ <<<保険の見直し!今年はどこが一番お得?!>>>
 ┏┛  ┗┓
 ┃┃┃┃┣┃ 忙しいこの時期、手軽で簡単!ネットで見積もり依頼!

 ┗┻┻┫┣┛
    ┃┃  きっと満足できる、保険会社が見つかるはずです。
    ┗┛


▼事前に、保険証券または車検証をご用意いただくとスムーズです!▼ 




【価格.com】自動車保険を徹底比較!






≪インズウェブ≫自動車保険一括見積もり
┌┐
└■ 自動車保険は比較で安くなる!

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  自動車保険は保険会社によって保険料が異なります!

   保険料は、車や走行距離、事故暦や、等級、免許証の色、
   乗られる方の年齢等々によって計算されます!
           そのため・・・

   「常にこの保険会社が安い」という事はありません。
   みなさんの状況によって、一番安い保険会社は異なります!

           そこで
    複数の保険会社から見積もりを取れば、
   自分に合った一番安くてお得な保険会社がわかります!





      ★比較するなら一括見積もりが便利★

☆保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりなら☆
☆最短5分で最大20社に一括見積もりができる!☆






無料の自動車保険一括見積もりサービス






関連記事

●3分でわかる。自動車保険の節約Hack!【ダイレクト・車両保険のひみつetc】


posted by hvowbn at 22:46 | Comment(0) | 自動車保険料を安くしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。