ユーザー車検で維持費軽減!こんなに簡単だったなんて!

まずは、車検制度について知っておきましょう。
日本では車検制度が義務付けられており、少なくとも2年に一度はこの検査を受けなくてはなりません。






普通自動車と軽自動車では、車検を受ける場所が違います!
普通自動車は運輸支局で検査を受けます。

軽自動車は軽自動車検査協会で検査を受けます。



ユーザー車検に必要な書類は事前に用意しておきましょう



@自動車検査証(車検証)
通常は、各車のダッシュボードなどにファイルやビニールケースに入って保管されています。

A自動車税納税証明書(検査を受ける年度に有効なもの)
毎年5月頃に車検証の使用者住所に納付書が届き支払っておられるはず。
納税証明書が見当たらない場合は、軽自動車は市役所納税課で、また普通自動車は総合庁舎の税務課へ。

B定期点検整備記録簿
陸運局で用紙を購入します。事前に修理工やディーラーで点検してもらい、その点検表を参考に記入すると簡単です。
記入する際は、必ずボールペンで書いてください。

C自賠責保険証明書
前回の車検の際に作成したもので、車検証と一緒に通常は保管されています。
検査日の日に期限が切れていないもの

D自賠責保険証明書の新しいもの
個人的に火災保険を扱う保険会社や農協などで事前に作成してもらうことができますし、陸運局でも作成を依頼することができます。
新旧2枚が必要

E継続検査申請書
陸運局で用紙を購入します。OCRマークシートになっています。
必ず鉛筆で記入してください。

F自動車検査票
陸運局で用紙を購入します。検査でコースに入る際使用します。

・「登録番号又は車輌番号」欄には、ナンバープレートの番号を記入する。
・「車台番号」欄は、車検証を見て記入する。
・「走行距離計表示値」は車検受験日の走行距離を記入してください。
・「使用者の氏名」・「電話番号」を記入する。

 ボールペンで記入してください。
カーセンサーの車検費用一括見積もり


G自動車重量税納付書(検査自動車用)
用紙は陸運局でBEFと合わせて購入した際に一緒に受け取ることができます。
用紙に必要事項をボールペンで記入しておいてください。
車検当日、重量税を陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)の重量税支払い窓口で払い、その用紙に印紙を貼ってもらいます。

Hその他必要なもの
・必要経費以外に幾らか余分に費用を持参してください。
・認印
・必要経費(重量税・自賠責保険料・検査手数料の印紙代など)
・鉛筆
・ボールペン
・予約番号を控えた紙
・リサイクル券
※リサイクル料をまだ支払っていない車はそのリサイクル料の費用も必要です。





書類と費用が用意できたら、次に何をしたらよいのか。

@ユーザー車検の予約:インターネット予約、または受検する運輸支局へ電話。

A車検検査項目の把握:運輸支局でどのように車検が行われるかの理解。
・同一性の確認:車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかの確認。
・外廻り検査:自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認。
・サイドスリップ検査:前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認。
・ブレーキ検査:前輪、後輪、及び駐車ブレーキの制動力の確認。
・スピードメータ検査:実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認。
・ヘッドライト検査:ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認。
・排気ガス検査:排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。
・下廻り検査:車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認。

※上記の検査方法は、検査を受ける陸運支局などを、事前に下見するか、検査当日に早めに検査場へ行き確認しておくことをお勧めします。





いざユーザー車検当日!最低コレだけはしておきましょう!


@十分に前もって到着し、検査を受けられるようにしましょう。
午前・午後共に20分間の休憩があります。その時間帯にさしかかると、検査が受けられませんので注意してください。

Aステッカーを剥がしておきましょう
新しいステッカーをもらったらすぐに取り付けられるように、古いステッカーは剥がしておきましょう。

Bホイールキャップを外しましょう
アルミホイールなどをはいている場合、ナットが見えている場合は、外す必要はありません。また、ナット部分だけを覆う小さなキャップがついている場合は、それを外しておいてください。

C発炎筒はきちんと入っていますか
手元に出しておき、助手席などに置いて用意しておきましょう。

D持ち物チェックをしましょう
□車検証
□自賠責保険証明書(現行)
□自賠責保険証明書(新しいもの)
□納税証明書
□自動車検査票
□検査申請書(OCRシート)
□重量税納付書
□定期点検記録簿
□重量税・印紙代などの必要経費+α
□印鑑
□筆記用具(ボールペン・鉛筆・消しゴム)
□予約番号を控えた紙

Eユーザー車検であることを伝える
これは、私の経験ですが・・・
受付や、車検レーンでユーザー車検であることを伝えておくと、意外と検査官が親切に教えてくれます。
また、車検を受けに来てる業者さんも、頼りになる時があります。
但し・・・業者さんは一度に何台もの車を持ち込んだりと、時間勝負の場合がありますので・・・ご注意を。



もし・・・検査結果で不合格になった場合は・・・
もし、不合格になっても心配しないで下さい!
カーセンサーの車検費用一括見積もり



テスター屋で調整してもらおう
どこの陸運局(車検場)でも、必ず近くにテスター屋さんがあります。テスター屋さんは別名予備検査場とも呼ばれています。
だいたいの相場ですが、すべての箇所を検査・調整するフルコースで5000~6000円、サイドスリップ調整のみで2000~3000円、スピードチェックのみで1000円、光軸調整のみで2000円程度です。

そして、再度検査コースに並んでください。
これもまた、私の経験ですが・・・
不合格箇所が一番多い箇所は、ヘッドライトの光軸のズレでした。
直に、車検場近くのテスター屋さんに行き、光軸調整2000円でチェックしてもらって、再検査ですぐ合格でした。










関連記事


●軽自動車で車検代8万円?!本当にかかる費用の話。




posted by hvowbn at 02:20 | Comment(0) | 車検費用を安くしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽自動車で車検代8万円?!本当にかかる費用の話。

軽自動車の車検で8万円はかかりすぎ。
必ずしも必要な整備を伴う内容であれば別ですが、そうでないのならかかりすぎです。
一度、車検費用がどれだけかかるのか
「カーセンサーの車検費用一括見積もり」で調べてみよう。
もちろん、無料で利用でき直ぐに結果が分かりますよ。



k.jpg


国に納める金額の正しい数値。
自賠責保険料26370円。重量税8800円。印紙代1400円。用紙代30円。※2014年現在


合計すると36570円のみ!

車屋さんに頼むと代行費用が15000円程言われる事がだいたいですが自分で行けば4万円未満。





節約の第一歩!
とはいえ、車検なんて受けた事無いし。と言う方もご安心を。陸運支局にはきっちり親切に回答してくださる事務員さんがたくさん居てるので初めてでも気兼ねせずいってみましょう!これで余計な出費を大幅カットです!
節約の第一歩は、最も安い車検業者を探そう!!
「カーセンサーの車検費用一括見積もり」で、車検費用が最も安い業者を見つけよう。




ユーザー車検はちょっと・・・。って方は
代行費用が15000円
これが一番安い業者を探しましょう。








関連記事


●ユーザー車検で維持費軽減!こんなに簡単だったなんて!

posted by hvowbn at 00:44 | Comment(0) | 車検費用を安くしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。